zenwatch2とスマホのリンクも直ったこともあり、zenwatch2を再び使用を開始しました。

すると、スマホとリンクが上手くできていない状況よりもバッテリーの消費がかなり抑えられているようなので、zenwatch2のバッテリーの消耗について調べてみました。

 

zenwatch2の状態

zenwatch2%e3%81%a8iphone5s

zenwatch2のバッテリー消費を計測する際の、zenwatch2の状態ですが、画面は常時表示をせず、スマホの通知はすべて通知をさせるようにせっていしました。

画面を常時表示の方がバッテリーの消費を抑えられるので、バッテリーの持続を重視するなら画面の表示は利用する時だけに設定しましょう。

 

バッテリー消費計測の条件

  • 常に画面表示オフ
  • 傾けて画面をONをオフ

常に画面表示をオンにしておくと、画質を粗くして時計の表示ができます。

しかし、消費電力を伴うため今回の計測ではオフにしました。

また、傾けて画面をONの設定にすると、夜はすぐに画面がオンになります。

そのため、無駄なバッテリーを消費するため、傾けて画面をONは利用しない方が良いと思います。

 

アンドロイドウェアで確認

zenwatch2のバッテリー状況は、アンドロイドウェアアプリを利用することで確認できます。

アンドロイドウェアからさまざな設定やスマートウォッチの状況を把握することができます。




満充電からスタート

まずはzenwatch2を満充電してから計測をスタートしました。

zenwatch2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b6%88%e8%b2%bb%e6%ae%8b%e9%87%8f%e4%ba%94%e6%97%a5

満充電から少ししてからのデータになっていますが、ご了承ください・・・。

初めの計測時間は午前10時。

アンドロイドウェアのデータではバッテリー残量予測は5日間となっています。

正直そんなにバッテリーが持つのでしょうか?

多くの方はスマートウォッチは1日程度しか駆動しないと考えているようなので、この5日という駆動時間は何かの間違いだと考えるかもしれません・・・。

とりあえず、バッテリーの計測を行っていきたいと思います。

 

11時間後のバッテリー状況

zenwatch2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b6%88%e8%b2%bb%e6%ae%8b%e9%87%8f3%e6%97%a5

次に最初の計測から11時間後の21時のバッテリー残量です。

12時間でなくてスイマセン・・・。

zenwatch2のバッテリー残量は77%。

アンドロイドウェアのバッテリー残量予測では残り3日。

もしzenwatch2が1日しかバッテリーが持たないのなら、本来ならバッテリー残量が50%前後、残り12時間ですが、実際にはこれだけの数値が計測されました。

以前よりもバッテリー消費量が抑えられているようです。

 

満充電から23時間後

zenwatch2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b6%88%e8%b2%bb%e6%ae%8b%e9%87%8f3%e6%97%a5%e3%81%9d%e3%81%ae2

さらに12時間後、つまり満充電から23時間後(24時間でなくてスイマセン・・・)のデータです。

バッテリー残量は66%、アンドロイドウェアのバッテリー残量予測は約3日。

1日でバッテリーがなくなるスマートウォッチであれば、もうこの時点ではバッテリーも20%以下、10%以下の警告が出ていてもおかしくありませんし、アンドロイドウェアのバッテリー予測も数分、数時間でもおかしくはないはずです。

しかし、これだけの数値が出ていることに、管理人も正直驚いています・・・。

 




バッテリー消費計測から36時間

zenwatch2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b6%88%e8%b2%bb%e6%ae%8b%e9%87%8f3%e6%97%a5%e3%81%9d%e3%81%ae3

zenwatch2のバッテリー消費状況の計測から1日と12時間、つまり36時間が経過しました。

36時間を経過した時点でバッテリー残量が56%、アンドロイドウェアのバッテリー残量予測はまだ残り3日となっています・・・。

近々に発売される、某スマートウォッチは稼働時間が公表で18時間でした。

つまりzenwatch2はその倍の時間を駆動しています。

現状の数値であれば、まだ充電も必要なさそうです。

 

バッテリー消費計測から48時間

zenwatch2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b6%88%e8%b2%bb%e6%ae%8b%e9%87%8f2%e6%97%a5

zenwatch2のバッテリー計測から2日の48時間が経過しました。

zenwatch2のバッテリー残量は48%、スマートウォッチのバッテリー残量予測は2日となりました。

 

バッテリー消費計測から60時間

zenwatch2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b6%88%e8%b2%bb%e6%ae%8b%e9%87%8f1%e6%97%a523%e6%99%82%e9%96%93

バッテリー消費計測から60時間が経過しました。

zenwatch2のバッテリー残量は40%、スマートウォッチのバッテリー残量予測は1日23時間。

とはいえ、12時間前のバッテリー残量予測時間から1時間しか減っていない・・・。

実際ならそろそろ充電しようと考えますが、バッテリーの消費実験なので、もう少し我慢したいと思います。

でも、この状態からいえばあと一日は十分持ちそうな予感がします。

 

バッテリー消費計測から73時間

zenwatch2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b6%88%e8%b2%bb%e6%ae%8b%e9%87%8f1%e6%97%a57%e6%99%82%e9%96%93

バッテリー消費計測から73時間経ちました。

zenwatch2のバッテリー残量は27%、スマートウォッチのバッテリー残量予測は1日と7時間です。

今日一日はバッテリーが持ちそうです。

 

バッテリー消費計測から84時間

zenwatch2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%b6%88%e8%b2%bb%e6%ae%8b%e9%87%8f17%e6%99%82%e9%96%93

バッテリー消費計測から84時間経ちました。

zenwatch2のバッテリー残量は15%、スマートウォッチのバッテリー残量予測は約17時間です。

この時間でこのバッテリー残量だったらいよいよ充電するタイミングとなりました。

予測では明日の15時までもちますが、途中でバッテリー切れはいやなので、寝る前に充電をしたいと思います。

 

バッテリー消費計測結果

以上でzenwatch2のバッテリー消費計測が終わりました。

結果、バッテリーをできるだけ消費しない方法で利用した場合、3日間は十分利用できそうです。

ソフトウェアの更新などでこれだけのバッテリー持続ができるようになったのかもしれません。

 

これから買うならリニューアル版がおすすめ!

これからzenwatch2の購入を考えている方は、リニューアルしたzenwatch2がおすすめです!

リニューアル版のzenwatch2は急速充電に対応しています。

そのため、万が一バッテリー残量が少なくても15分で60%まで充電し、1時間で満充電になります。

スマートウォッチの一番の問題はバッテリーですが、zenwatch2ならバッテリーの不安も少なくなりそうです。

 

アウトレットで14800円

ただいまASUSの公式オンラインストアのアウトレットでASUS ZenWatch 2 (WI501Q(BQC)-CML04)が14800円で購入できます!

アウトレットの理由は箱破損品のためです。

箱なんて関係ない!という方、スマートウォッチ初心者の方にはおすすめです!

 

アウトレットはこちら⇒ZenWatch 2アウトレット購入

こちらの記事も読まれています。